株式会社クラフトホームは、木造注文住宅を得意とする八王子の工務店です。設立以来、地域に密着しお客様の希望を形にするサポーターという立ち位置を大事にしているので、無理な押し付けなどはありません。

木造注文住宅を建てるだけでなく、将来リフォームが必要になった際にも依頼できる生涯のパートナーとしても頼れる存在でしょう。また、お客様の理想のマイホームを実現するために、経験と技術を最大限駆使してアイデアを提案してくれます。例えば外観に関しては、和風、洋風からオール電化、自然素材など、お客様の希望に沿ったデザインをしています。
 

 

株式会社クラフトホーム

木造建築が強み!多様なニーズにも対応

公式サイトで詳細を見る

予算を抑えられるローコスト住宅+α

せっかく注文住宅で家を建てるならとことんこだわりたいものですが、理想の家を追求していくと費用が上がってしまうことも多くあります。必要な設備や外観のデザイン、間取りに関してもボーダーラインを決め譲れるところとこだわるところを明確にしておくと注文住宅で家を建てるとしても予算をやや抑えることが出来るでしょう。

そこでクラフトホームが提案しているのがローコスト住宅+αです。クラフトホームのローコスト住宅+αは、ローコスト住宅でありながらおしゃれな外観を実現しているので、他社で提案しているローコスト住宅とは一線を画したクオリティと言えるでしょう。

クラフトホームのローコスト住宅+αはローコスト住宅でも、お客様の希望を取り入れて施工することが可能で、特に決まったプランはないので、お客様の希望次第で、希望に合わせた注文住宅で家づくりをすることができます。

よく耳にするローコスト住宅の場合は、外観、内装、間取り全てにおいてあらかじめ用意されたプランから選ぶスタイルが多く理想の家とは遠くかけ離れてしまうことがよくあります。それでは、理想と現実のギャップの大きさにショックが隠せないでしょう。

クラフトホームならローコストと言いつつも建築方法は通常の木造注文住宅を建てるのと同じ方法を採用しているので、安全性についての心配もないでしょう。

スーパーウォール工法住宅とはどんな住宅なのか

クラフトホームが手がけている暮らしが快適になるスーパーウォール工法住宅とは、具体的にどんな住宅なのでしょう。もちろんこの工法はローコスト住宅+αでも同じように使われています。

【スーパーウォール工法とは】
木造軸組工法をベースに、気密性や耐震性、断熱性を高めた構造のこと。高性能なスーパーウォールパネルを使用。壁・床・天井が一体化した6面体の箱のように構成されるタフな構造を持つ高気密住宅。高い剛性の軸組工法+パネル構造の構造安定性能を持つ2×6住宅のことです。

さらに高断熱サッシ&ガラス、高効率熱交換換気システムを併用することで快適で健康によく、安心でしょう。省エネルギーも実現できます。クラフトホームでは外気を取り込む「計画換気システム」を採用。室内の汚れた空気を排気して、ご家族に健康で快適な暮らしをサポートします。

■構造的に頑丈
住宅性能表示制度において、建築基準法の1.5倍の強度を実現。新潟県中越地震では、SW工法で建てた住宅の全・半壊は0棟でした。地震を防ぐことはできませんが頑丈な家を建てることはできますよね。

■耐火性・防火性で安全
国土交通省により大臣の「防火認定」を取得しています。パネル構造で壁の内側や屋根を面材でしっかりカバー。もらい火に強く、また隣家への延焼を抑えます。

■結露対策で住宅の劣化軽減
外壁通気工法によって最高等級3レベルの対策を採用。カビやシロアリの発生に効果的です。

■住まいの気密・断熱化による温熱環境
冷暖房をしていても廊下やトイレは不快な温度になりがち。温熱環境であれば、とくに冬場の脱衣室やトイレでの高齢者のヒートショック現象への対策としても効果的でしょう。夏は涼しく、冬は暖かいので、一年中快適に過ごせます。

■冷暖房効率がいい
住まいの気密・断熱化は省エネルギーにもつながり、次世代省エネルギー基準適合住宅評定を取得しています。

■良好な空気環境
高効率熱交換換気システムでつねに空気は清浄。24時間の計画換気とホルムアルデヒド対策で、健康的な生活へと導きます。

■高い防音性
高気密施工のため、遮音性能が優秀。騒音によるストレスを軽減します。また、高断熱サッシ・複層ガラス仕様などによって、遮音性能はさらに向上。

一生住む家なので、最初に多少の負担はあっても後々後悔の無いようにしたいものです。とくに、地震やもらい火でせっかく建てた家が無くなることだけは避けたいもの。そして一生健康住宅に住めば、一生健康を維持しやすいということになります。スーパーウォール工法、採用する価値はありそうですね。

耐震診断

クラフトホームでは、耐震診断士の資格を持つ建築士による診断を実施。診断の結果、改善点が浮上すれば、お客さんのニーズを先々まで考慮しつつ、もっとも適した方法を提案しています。

■倒れにくい家を作るクラフトホームによる提唱
世界有数の地震国日本。地震による死者・負傷者において、家屋損壊が原因のケースは90%に上るとされています。建築基準法は昭和56年に改正され、建築物への規制は厳正に執り行われることとなりました。

平成7年の阪神淡路大震災から10年経過した際には、建築基準法がさらに改正され、現在に至っています。その後さまざまな地震が度々日本列島を脅威に陥れ、地震への恐怖がなくなることはありません。ですが、建築基準法による確認申請・完了検査や、住宅性能保証などによる第三者の検査もあって、不安は大きく解消されつつあります。

そのため、近年の建物は耐震面において配慮された強度を持ったものが多い傾向に。その反面、昭和56年以前に建築された建物の損壊理由は、地震に起因したものが多いという特徴が。年月が過ぎても強度低下が起きにくいのが木材の特徴ですが、腐朽や蟻害を受けてしまうと、強度は一変。体力壁の不足やバランスの悪い配置、接合金物の不足といった問題も、その要因を作ってしまうことに。

クラフトホームは、「絶対に倒れない家を作ることは無理でも、倒れにくい家にすることは可能」だとしています。

会社情報

会社名 株式会社クラフトホーム

住所 〒192-0066 東京都八王子市本町24-8 KRAFTBLDGⅢ 3階

連絡先 042-627-0585

定休日 日曜日・祝日、第2・4土曜日

サイト内検索
記事一覧